アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメリンク

道具

皆さんはティンプルキーというものを知ってはいるだろうか。
どんなピッキング強盗でも撃退できるといわれる棒状の形をした鍵だ。
他にも、2つ用の鍵で、片方をなくしても両方開けられるものがあったりする。
基本的に、空き巣は二つ錠のドアは、敬遠する傾向にあるという。
戸建ての家も初期装置として二つあるときもある。
ついつい調子に乗って、TVが付いていれば安心だとか、夜なら、明かりがついていれば入ってこないだとか安易な考えをしてしまうものだ。
他にも、そういった空き巣が入ることを予測して、KY活動、つまり危険予知活動をしていくという方法もある。
自分の無意識の隙をなくし、少しでも防犯を成功させようとする指差し呼称もこれに含まれる。
手を替えても駄目なら、自分が変わるというのが防犯につながる。
一体対策はどんな方法をとればいいのだろうか。
そう考えるだけでも、すでに空き巣撃退は始まっているのだ。
相手も、泥棒するという職業泥棒がいることを忘れてはならない。

凶悪な手口

ではこのティンプルキーが造られるに至った背景とは何だろうか。
基本的に、空き巣は防犯上の対策として、二つ扉につけるというのが定説だ。
今ある二つ両方同じ鍵で開けられるものは、ピッキングを覚えた泥棒ならば簡単に破ってしまうことは容易に想像できる。
専門家はこのことを非常にこちらの心理をついた巧妙な手口だという。
2個鍵があれば安全だと思うところを狙ってくるわけだ。
結局、ティンプルキーにすれば、大切な通帳や、金品を奪われずに済む、というのがさらなる犯行を産むことは考えられる。
新聞屋がうかつにも約束を忘れて旅行中にポストをいっぱいにしているのを観て、窓をガスバーナーで切って中に入ったりすることがある。
ティンプルキーが真価を発揮するには、限定された条件でなく、KY活動を進めながら、セキュリティは己の中でひねり出すものだということを知って、積極的に防犯活動に取り組むことが大事だと言わねばならない。
少しの工夫で、撃退は成立するのだ。